医療レーザー脱毛に必要な回数は?

2013年11月27日

医療レーザー脱毛を受ける上でとても深い関係にあるのが発毛サイクルです。毛は部位によって数も、違いますし、成長期や、休止期、退行期の時期も期間も違います。また、個人差もありますので、一概にはいえないかもしれません。しかし、それでは、施術を受けるにも、予算を算出するにも不安が残りますので、あくまで一般的な経過として、また部位によっても期間が異なるということを前提としてお話しますね。

医療レーザー脱毛に必要な回数・期間は部位によって異なります。女性の脱毛の部位として人気のあるワキは4~5回、月1回として、3~4ヶ月程度です。ワキは成長期の毛が30%以上、発毛休止の期間が3ヶ月程度と短い為、初回にレーザーを当てることの出来なかった毛も3ヶ月後には成長期に入っている場合が多く、3~4ヶ月の間に高い確率で施術を行うことができます。また男性の気になるヒゲも同様に、成長期の毛が70%程度、休止期の期間が3ヶ月程度ということで、回数としては3回、期間は3ヶ月程度でレーザー照射を行うことが可能です。

ワキやヒゲと違い、医療レーザー脱毛の効果を実感するまでに少し長い期間を要するのが、腕や、足といった部位です。腕は成長期の毛は15%前後、休止期が4~5ヶ月です。足に関しては成長期の毛は25%程度ありますが、休止期が一番長く半年以上となっています。そのため回数も6~7回期間も6ヶ月程度必要です。個人差を含めるとそれらに加えて、1~2回多くなる可能性も否めません。

医療レーザー脱毛を受けようと考えている方の中には、1回目終了後、脱毛された肌をみてとても満足され、1か月後生えてきた毛を見て「脱毛効果がなかった」と受け止められる人がいます。これは、1ヶ月前には「休止期」にあった毛が成長期に移行した為に発毛した毛です。ですから効果がなかったわけではないのです。医療レーザー脱毛を行っているクリニックではこれらの内容を含め、十分なカウンセリングを行った上で施術を行っています。