梅田へのアクセスに利用可能な路線

2013年8月28日

梅田は多数の私鉄と地下鉄が乗り入れており、非常にアクセスがよいのだが、その代償として駅の構造は複雑になっている。これらの電車を乗り換えるのは非常に複雑な迷宮を進まなくてはならず、時間がかかる。

私も大阪に引っ越してすぐのときは、梅田に行くたびに地下街で迷子になっていた。しかし全体像を覚えてしまえば、それほど迷うことはない。

まずは阪急電車である。阪急電車は神戸線、宝塚線、京都線とあるが、いずれも同じ場所に停車する。実は、阪急電車のこの3つの路線は、十三からずっと平行して走っている。そのため、阪急電車間で乗換えをする場合は、十三で乗り換えたほうが効率的である。

阪急電車の駅があるのは北東側と覚えておくとよい。または、大きな本屋とその前の待ち合わせによく使われる巨大ディスプレイがある場所が阪急電車の駅と覚えておくとよい。

阪急電車の駅から南側にあるのが、大阪市市営地下鉄谷町線の駅である。谷町線のラインカラーはロイヤルパープルである。ラインカラーとは地下鉄の路線ごとに割り振られている色である。

一目でどの路線かが識別できるので、覚えておくほうが便利だ。谷町線の駅の西側にあるのが御堂筋線の駅である。御堂筋線のラインカラーはクリムゾンレッドである。

御堂筋線は新大阪や心斎橋、なんばを通っていることから、非常に有用な路線だ。御堂筋線から西側に行くと阪神電車の駅がある。阪神電車の駅の西側には市営地下鉄四つ橋線の駅がある。

これらの路線がすべて使えることからわかるように、梅田は非常にアクセスに優れた場所であるといえよう。