大阪の歴史的な名所とは

2013年8月28日

大阪はお好み焼きやたこ焼き、ラーメンなどおいしいものがやすく食べられ、関西弁の人たちが作り出す独特の雰囲気のある楽しい街というイメージが強いです。

更に中心地は、大きなビルやショッピング街が立ち並び、若者が集まる画期的な街というイメージもあります。観光スポットといえば道頓堀やアメリカ村といった場所が有名で、あまり歴史的な町としての印象は知られていないのが現実なのではないでしょうか。

しかし観光として訪れた際に、歴史的な名所として一度は行って見ておきたいと思う場所で、まず始めに思いだされるのは大阪城です。現在の天守閣は3代目で、昭和6年に復興されたものです。そのため城のなかはなかなか綺麗です。

こちらは私も行ったことがあるのですが、最上階からの展望はとてもよく、見どころのひとつです。また黄金の茶室や、兜や陣羽織の試着のできるコーナーもおすすめの場所といえるのではないでしょうか。

次に名所として思い出されるのが適塾です。適塾は緒方洪庵が江戸時代後期に旧家で開いた蘭学の私塾で、北浜のビジネス街にその旧家が残っており、大阪大学が管理している国の重要文化財です。まわりがビジネス街なのに対し、適塾だけが歴史的な雰囲気をかもしだしており、現代のなかに浮かびだした異質な文化的建物というミスマッチな風景が魅力のひとつといえるのではないでしょうか。

このように、食事やショッピングだけでなく、建造物も魅力を持つ街といえるのではないでしょうか。