大阪の名所になったユニバーサルスタジオジャパン

2013年8月28日

日本にはいくつかテーマパークがありますが、テーマパークのなかで不動の地位を築いている東京ディズニーリゾートをのぞけば、それぞれはそんなに有名でも印象的なものでもなく、一度いけばそれなりに満足できるようなところが多いです。

もちろん個人差がありますし、例えば子供の好きなキャラクターや、自分が趣味にしていることをテーマにしたところもあるでしょうが、一般的にみれば、東京ディズニーリゾートに対抗できるようなテーマパークはありませんでした。

しかし、大阪にユニバーサルスタジオジャパンができ、少しずつ改良を重ね、新しいエリアを増やしたりして、大阪の名所としての不動の地位を築きつつあります。

季節ごとに新しいショーやパレード、イベントが繰り広げられ、年間パスによって何度もお得に通うことができるようになりました。新しいアトラクションも少しずつ導入されたり、入れかえされたりし、来場のお客さんを飽きさせない工夫を凝らしてきました。

そして、昨年完成した新しいエリア、ユニバーサルワンダーランドによって、小さな子供たちも長時間家族で楽しめるようになりました。

映画をテーマにしているために、小さな子供が楽しむことができるアトラクションが少なかったのですが、ターゲット層をぐっと広げたことになります。

また、ユニバーサルスタジオジャパンの周囲には海をみおろすホテルがあり、レストランやショッピングエリア、そして向かい側に海を渡れば海遊館のある天保山エリアに数十分もあればいける船もでていて、大阪の観光名所にふさわしい場所となっています。